Difficulty(採掘難易度)

  • 日:採掘難易度
  • 英:difficulty

採掘難易度、つまり暗号通貨を採掘により発見(生成)する難易度のことです。高いほど採掘が難しいということになります。ハッシュレート(hashrate, 採掘速度)と合わせてブロックの生成(発見)量目安の計算によく使用されます。

採掘者個人のブロックの生成時間time[s]はハッシュレート[hash/s]と合わせて

time = difficulty × 2^32 / hashrate

で表されます。また、24時間あたりの採掘コイン量amountは

amount = [1ブロックあたりのコイン報酬量] / (difficulty * 2^32 / hashrate / 3600 / 24 )

で表されます。ビットコインでは2016ブロック(2週間)ごとにdifficultyが調整されます。

技術的には、特定のターゲット(256ビットの値)以下のハッシュを発見する難易度のことであり

difficulty = [最大のターゲット = (2^16 - 1) * 2^208] / [現在のtarget]

で表されます。

最終更新日: 2015年12月12日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)

comments powered by Disqus