デジタル署名(電子署名) / Digital signature

  • 日:デジタル署名, 電子署名
  • 英:digital signature, digital sign

厳密には「デジタル署名」と「電子署名」の意味は異なりますが、広義ではどちらも言葉どおり「データに電子的に署名すること」として使われているので、ここでは同義語として説明します。

ビットコインは「デジタル署名のチェーン(連鎖)」と定義されており、非常に重要な概念のひとつです。デジタル署名はビットコインの取引において中核的な役割を果たしています。

一般的にデジタル署名には①鍵生成②署名生成③署名検証の3つの流れがあります。ビットコインにおいては、

①アドレス(公開鍵)と秘密鍵を生成

②送信者が、ビットコインのデータと送信先アドレス等を関連付けたデータを、ハッシュ関数を適用し、秘密鍵で署名(データ変換)して送信

③送信者の公開鍵を利用して受信した署名を検証する。

という流れになっています。

なお、デジタル署名の中でもさまざまな方式がありますが、ビットコインではECDSAが利用されています。

最終更新日: 2016年03月02日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、質問コメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)

comments powered by Disqus