Monacoin / モナーコイン

Monacoinは、2chから生まれた日本初の暗号通貨です。実際に利用できる仕組みの整備が利用者によって積極的に進められており、現実のものやサービスと交換できる世界的に見ても数少ない暗号通貨となっています。

日本産であるがゆえに、日本語の利用法等も非常に充実しているので、暗号通貨の入門にも優れています。

仕様・仕組み

コイン名 Monacoin
公開日 2014-01-01
システム Proof of Work
アルゴリズム Lyra2REv2
コイン発行上限 105,120,000MONA
ブロック報酬(開始時) 50
ブロック報酬半減期 1,051,200ブロック(約3年)
ブロック生成間隔 約1.5分
Difficulty調整 1ブロック毎 Dark Gravity Wave

かつての仕組みはほぼLitecoinのクローンと言えましたが、Difficulty調整をDigishieldからDASH(Darkcoin)が開発したDark Gravity Waveへと変更したり、アルゴリズムをScryptからASICの開発が難しいとされるLyra2REv2へと変更するなど改良がすすめられています。

関連リンク

最終更新日: 2016年03月24日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、質問コメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)

comments powered by Disqus