Omni(Mastercoin) / オムニ(マスターコイン)

Omniは、Counterpartyと同様のビットコインのブロックチェーン上に作られている分散型金融プラットフォームです。分散型取引所、独自通貨の発行機能などが実装されています。

はじめはMastercoinという名称でプロジェクトがスタートしましたが、2015年はじめにOmniへ改名されました。

仕様・仕組み

名称 Omni
公開日 2013-09-01
コイン発行上限 約600,000 OMNI

最も歴史が古いビットコイン2.0プラットフォームの一つであり、ユーザー独自通貨発行機能により、分散型インターネットMaidSafeプロジェクトのクラウドファンディングとして約6億円が集められたことで、ビットコイン2.0を利用した世界初のクラウドファンディングとして大きな話題を集めました。

Colored CoinsCounterpartyと同様に、ビットコインの取引データに追加の情報を書き込むことにより、ビットコインのブロックチェーン上のプラットフォームを実現しています。そのため、最も利用者が多く採掘速度の大きい(セキュリティ的に安定している)仮想通貨であるビットコインネットワークのセキュリティをそのまま利用できる、といった利点もありますが、ビットコインのプロトコルにより送金の承認に約10分かかるなどOmniの機能に制約が生じるといった欠点も考えられます。

ビットコインを利用しているため、送金等に小額のビットコインがかかるほか、通貨発行等の一部の機能には、スパム防止のため基軸通貨のOMNI(旧MSC)が少額必要となります。

標準ウォレットに実装済みの主な機能

ユーザー独自通貨発行

誰でも独自の通貨を発行できる機能です。発行には少額のOMNIが必要となります。現在のところ独自通貨保有者への配当機能等は実装されていません。

分散型取引所

ビットコインを利用しているため、独自通貨/OMNIのほか、BTC/OMNI間の分散取引ができるのが特徴です。

Omniを利用した主なプロジェクト

関連リンク

最終更新日: 2016年03月20日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、質問コメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)

comments powered by Disqus