Swarm / スウォーム

※Swarmは現在一時稼働中断中のプロジェクトで、Ethereum上で現在開発中・再開予定となっています。再開の具体的な日付が明らかになるまで本ページの更新も一時停止します。

Swarmは、分散型のクラウドファンディングプラットフォームでありビットコイン2.0の一つです。Swarm内の暗号通貨のこともSwarmと呼びます。

Swarmコインは、2014年7月にCounterparty上で販売され、約1億円相当のSwarmコインが販売されました。

仕様・仕組み

コイン名 Swarm
公開日 2014-07-17
コイン発行上限 100,000,000SWARM

Swarmは分散型クラウドファンディングプラットフォームです。Kickstarterのような従来型のクラウドファンディングプラットフォームと異なるのは、資金調達をするプロジェクトは「株式」を発行し、支援したプロジェクトが成功した場合、支援者は株式に応じて配当をもらえるという点にあります。

各プロジェクトの支援者だけでなく、すべてのSwarmコインの保有者は一定量の「株式」が自動的に配布され、実質的にSwarmネットワーク内のすべてのプロジェクトの支援者となるのも特徴です。資金調達を募る側としては、より早く資金調達が可能というメリットもあります。

関連リンク

最終更新日: 2016年03月20日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、質問コメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)

comments powered by Disqus