Sidechains / サイドチェーン

サイドチェーンとは、複数のブロックチェーン間で仮想通貨のやり取りを双方向で行い、様々な機能等を実装しようとする技術・プロジェクトのことであり、特にビットコインのブロックチェーンを「親チェーン」としたとき、その他のブロックチェーンをサイドチェーンと呼びます。

サイドチェーンを実装しようとするプロジェクトには様々なものがありますが、最初にサイドチェーンを提唱したのは、Blockstream(ビットコインの開発メンバー及び暗号技術の専門家からなる)という団体であるため、狭義ではBlockstreamにより開発されているサイドチェーンのことを指します。

仕様・仕組み

2014年にBlockstreamにより初めてサイドチェーンの実装に関するホワイトペーパー(論文)が発表されました。このホワイトペーパーの中で、サイドチェーンには大きく分けて二つの役割・利用法があるとされています。

一つ目は、アルトコインの代用という点です。サイドチェーンはビットコインの「親チェーン」とは独立しているため、これまでアルトコインで実装されているような、匿名性・速い取引速度・コインの発行量の調整等の様々な技術的・経済的実験を行うことができるとされています。

二つ目は、独自通貨をサイドチェーン上で発行できるということです。ここで重要なのは、サイドチェーンが「双方向のペグ(two-way pegging)」、つまりビットコインもサイドチェーン上の独自通貨も双方向で移動・取引ができるという点にあります。

しかし、サイドチェーンの実装にはいくつかの問題もあると考えられています。

その一つは、可能性は低いものの、ブロックチェーン間で不正な取引が実行されたとき、サイドチェーンや親チェーンの間で残高の不整合などの問題が発生する恐れがあり、これに対応する処置を実装する必要があるということです。

また、サイドチェーンのセキュリティ確保のため、同じコンピューターの計算力(ハッシュレート)でビットコインの親チェーンとサイドチェーンを同時採掘できるマージマイニング(merged mining)の導入が必要となる可能性があるとしています。もし、マージマイニングが行われない場合、マイナーはどのブロックチェーンを採掘するかを選ばなければならないため、一部のチェーンでセキュリティのリスクが高まる可能性があります。また、総合的にはより大きな採掘力が必要となるため、ビットコインで問題となっている採掘グループの集中化がさらに進む懸念があるという問題もあります。

Liquid

Liquidとは、Blockstreamが最初に発表したサイドチェーンの実装であり、複数のビットコイン取引所・ウォレット・決済サービス等の間の流動性プール(ビットコインの共同保管場)のことです。親チェーンのビットコインと1対1で交換できる「共同ビットコイン」をサイドチェーン上に導入することにより、流動性プールを実装することになります。

共同プールにより、取引所等サービス間のビットコインの移動が瞬時に可能となり、また共同でビットコインを保有することにより、各ビットコイン企業の破産リスクが低下するなどのメリットが生まれます。このLiquidでは取引情報を隠すことができる機密トランザクション(Confidential Transactions)が実装され、プライバシー性も守られるとされています。

サイドチェーン(Liquid)内での移動を瞬時に行うため、Liquidにおける取引承認にはプルーフ・オブ・ワークではなく、選ばれた特定の承認者のみにより取引承認を行う、RippleStellarなどのコンセンサスプロトコルに近い仕組み(ビザンティンラウンドロビンコンセンサスプロトコル, Byzantine round robin consensus protocol)をとっています。

Rootstock

Rootstockとは、サイドチェーンを用いたビットコインベースのスマートコントラクトプラットフォームです。スマートコントラクトの実装により、ビットコインに様々な機能拡張ができると考えられています。

Rootstockにおける取引承認は、マージマイニングを利用するため高いセキュリティ性が確保されるとしています。また、それに加え、DECOR+やGHOSTというプロトコルをさらに取引承認に採用することで、サイドチェーンのブロック生成間隔を約10秒程度という非常に短い時間にするため、即時送金が可能となり、ビットコインの最大可能取引量(スケーラビリティ)も大幅に上がるとしています。

関連リンク

最終更新日: 2016年03月20日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、質問コメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)

comments powered by Disqus