チェックポイント / checkpoint

  • 日:チェックポイント
  • 英:checkpoint

ビットコインの公式クライアントに組み込まれる、過去のブロック情報(ハッシュ)のことです。51%攻撃などの悪意のあるハッカーからの過去のブロックチェーンへの攻撃(改ざん)を防ぐ手段として用いられています。初期のブロックチェーンのダウンロードの最適化の役割も果たしています。

クライアントはチェックポイント以前のブロックチェーンを無条件に正しいものと認識し、チェックポイント以前のブロックチェーンを分岐させることが不可能となっています。

ビットコインにおいて、チェックポイントは公式クライアントのバージョンアップ時に生成されますが、クライアント開発者が「集権的」に設置するものなので、ビットコインの最大の特徴・利点である「P2P分散型」と矛盾しているという批判もあります。

最終更新日: 2015年12月12日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)

comments powered by Disqus