マルチシグネチャ / multisignature

  • 日:マルチシグネチャ、多重署名、複数署名
  • 英:multisignature

一つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てるサービス・技術のこと。このようなアドレスはマルチシグネチャアドレス(multisignature address)と呼ばれ、ビットコインの取引の際には複数の秘密鍵が必要となります。

通常のアドレスと比べてセキュリティが非常に高くなるため、各ウォレットサービスで実装・提供されています。

マルチシグネチャアドレスの形式は、一般的に「A of B」(A,Bは数字)の形で表されます。例えば2-of-3であれば、鍵が3つ存在し、そのうち2つの鍵を利用すれば送金が可能ということになります。

ただセキュリティを高めるだけでなく、家族・会社内でのウォレットの共有、エスクローなどへの応用も考えられます。

なお、通常のアドレスは1から始まるのに対し、マルチシグネチャアドレスは3から始まるので簡単に判別することができます。

最終更新日: 2016年03月09日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)

comments powered by Disqus