コメントや寄付のお願い(独自トークン企画)

現在本企画は休止中です。寄付を頂いてもトークンをお返しすることができませんのでご注意ください。

ビットコイン2.0と呼ばれるもののなかには、技術的な仕組みを知らなくても、誰でも簡単に独自の通貨(独自トークン)を発行できるものがあります。そこで、2016年4月より、当サイトでは、コメントや寄付をしていただいたお礼に、各種トークン作成プラットフォームを利用して作成された独自トークン「JPBITPT」をお返しする体験型実験企画を行っています。

独自トークンは、当サイトへのご協力に応じて送付するトークンを体験するための「記念ポイント」または「貢献ポイント」であり、ビットコインのような分散型仮想通貨とは全く異なる、中央集権型のポイントで金銭的価値はありませんのでご注意ください。

使用するプラットフォーム

独自通貨を発行できるプラットフォームにはいろいろありますが、当サイトでは体験型実験企画として、CounterpartyBitSharesArdor、NEMEthereumWavesの6種を使用し、それぞれのプラットフォーム上で「JPBITPT」(または「JPBIT.PT」)を発行しています。参加していただける方は好きなプラットフォームを選ぶことができます。

独自トークン(JPBITPT)の使い道

トークン保有者向けのメルマガ配信(月1回):各プラットフォーム共通

1,000 JPBITPT以上を保有している方向けに主にウォレットの更新状況をお知らせするメルマガを配信します。登録フォームは本ページの最後に掲載しています。配信間隔については、月1回行っています。内容は以下の通りです。

寄付先アドレス

BTCまたはXCP
BTC(IndieSquareから)

IndieSquareからの寄付はこちらの寄付ボタンも利用できます。

BTS
ARDR
XEM
ETH
WAVES

レートについて

1円 = 10JPBITPTでお送りしますが、各仮想通貨と円の交換レートは以下のレートで計算します(毎日1回日本時間午前3時ごろ更新、送金日時を元に換算)。各ウォレットソフトで表示されているレートとは異なりますので、ご注意ください。

※メルマガ配信のための1,000JPBITPTまで少し足りない場合は多少おまけしますので、神経質にならずに各ウォレットに表示される円換算の数値をもとに送っていただいても大丈夫です。

BTC
円 = BTC
XCP
円 = XCP
BTS
円 = BTS
ARDR
円 = ARDR
XEM
円 = XEM
ETH
円 = ETH
WAVES
円 = WAVES

その他注意事項など

・突然企画を中止したり、内容を変更する可能性もありますのでご了承ください。

・誤って寄付額を多く送ってしまった場合はお返ししますので、なるべく早めにコメント欄またはメールにてお問い合わせください。

・独自トークンJPBITPTは原則として各プラットフォーム間(Counterparty→BitSharesなど)で交換できないこととします。ただし、10000JPBITPT以上の場合は、例外的に交換を受け付けますのでコメント欄またはメールにてお問い合わせください(今後、簡単に各プラットフォーム間の独自トークンの自動交換ができる技術が実装された際には交換可能とする方針です。)。

・JPBITPTの最小送信単位は「1 JPBITPT」です。他のほとんどの仮想通貨や独自トークンとは違い、小数点以下の単位はありませんのでご注意ください。

・JPBITPTの経済的価値はないという前提で行っているため、発行上限はありません。

メルマガ登録フォーム

1000 JPBITPTをお持ちの方はメールマガジンに登録できます。こちらの登録フォームからご登録ください。フォームに必要事項を記入後、確認メールをお送りしますので、確認用URLをクリックすれば登録完了となります。

登録後は、ブロックチェーン情報を参照しアドレス(アカウント)内に1000JPBITPTがあるか確認します。特に独自トークンJPBITPTを支払っていただく必要はありませんが、万が一なりすましなどで同じアドレスが登録された場合、本人確認のために独自トークンを送付してもらう可能性がありますので、登録後1週間程度は1000JPBITPTを保有しておいてください。また、再登録やメールアドレス変更の際には1000JPBITPTを保有している必要がありますので、ご注意ください。有効なアドレスまたはアカウントであることを確認した後は、手動で登録メールアドレスに最新の配信メールマガジンを送付いたします。

メルマガの配信停止をご希望の方は、こちらの解除フォームより配信停止手続きをお願いします。メールアドレスの変更の際は、こちらのフォームから配信停止後、新しいメールアドレスで再登録してください。

最終更新日: 2019年03月02日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。