Counterparty / カウンターパーティー

Counterpartyは、ビットコインのブロックチェーン上に作られている分散型金融プラットフォームです。分散型取引所、独自通貨の発行機能などが実装されています。

公開当時は、初めてProof of Burnシステムを利用した仮想通貨としても注目を浴びました。

仕様・仕組み

名称 Counterparty
公開日 2014-01-02
コイン発行上限 2,648,755XCP

仕組み的には、Colored CoinsOmniと同様に、ビットコインの取引データに追加の情報を書き込むことにより、ビットコインのブロックチェーン上のプラットフォームを実現しています。

ビットコインのブロックチェーンを利用するため、毎回少額のビットコインが必要となります。また、スパム防止のために基軸通貨であるXCPを消費する必要がある場合もあります。最も利用者の多いビットコインのブロックチェーンを利用することで、そのままビットコインの高いセキュリティを利用できる一方で、送金の承認に約10分かかるなどビットコインのプロトコルによる制約があるという欠点もあります。

現在では利用できませんが、最初のコイン配布に「PoB(Proof of Burn)」というシステムが利用されました。CounterpartyにおけるPoBは、「1CounterpartyXXXXXXXXXXXXXXXUWLpVr」というビットコインアドレスにBTCを送信することにより、送信額に応じてCounterpartyの通貨であるXCPが貰える仕組みとなっています。1CounterpartyXXXXXXXXXXXXXXXUWLpVrが非常に規則的な文字列からなるアドレスであることからわかる通り、このアドレスに対応する秘密鍵は誰も知らないので、アドレス内のBTCを使用することは実質的に不可能となっています。BTCの送金額に応じて人の手を介さず自動的にXCPが配布されるため、公平で最も透明性の高い配布方法と言われています。このアドレスはBlockchain.info(Bitcoinのブロックチェーン情報)からXCP Proof-of-burnとして確認できます。

独自のブロックチェーンを用いたスマートコントラクトプラットフォームであるEthereumのチューリング完全(あらゆるプログラムが記述可能ということ)なプログラミング言語がCounterpartyに導入されており、Ethereum上で実行できるスマートコントラクトをそのままビットコインのブロックチェーン上で実行させることも可能となっています。

標準ウォレットに実装済みの主な機能

ユーザー独自通貨発行

誰でも独自の通貨を発行できる機能です。発行には少額のXCPが必要となります。保有している独自通貨量に基づいて配当を行うことも可能です。

分散型取引所

独自通貨/XCP間の分散取引が可能です。流動性はほとんどありませんが、独自通貨/独自通貨間の分散取引も可能です。(BTC/XCPの取引はプロトコル上可能ですが、セキュリティの関係上ウォレットには未実装です。)

Bets(賭け)

CounterpartyのBetでは、賭けの開催者が賭けの内容をブロードキャストし、ユーザーがそれに賭け金(XCP)を送信し、開催者が結果を送信するか期限が切れると、結果に応じた資産がユーザーに戻ってくることになります。ビットコインのブロックチェーンを利用しているため、透明性と匿名性(仮名性)に優れ、ユーザーの資産もブロックチェーンに守られることになります。

Counterpartyを利用した主なプロジェクト

関連リンク

最終更新日: 2016年03月20日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)