MaidSafecoin / メイドセーフコイン

MaidSafecoinは、Mastercoinプロトコルの新機能であるユーザー独自通貨として、Bitcoin(Mastercoin)のブロックチェーン上に作られた初の暗号通貨です。

「MaidSafe」と呼ばれる次世代分散型インターネットを利用するための決済通貨となる「Safecoin」と将来交換できるとされ、2014年4月22日に販売(BTC,MSC払い)が開始されました。

Bitcoin 2.0の一つでもある「MaidSafe」の将来性に期待が集まった結果かどうかは不明ですが、販売開始からわずか5時間で600万ドル(6億円)相当のMaidSafecoinが売り切れたことで話題となりました。

仕様・仕組み

※ 仕様が変更されている可能性もありますのでご注意ください
コイン名 Maidsafecoin
公開日 2014-04-22
コイン発行上限 452,552,412MAID

MaidSafecoinは、現在開発中の「SAFEネットワーク」を利用するための決済通貨となる「Safecoin」と交換できるとされています。

SAFEネットワーク(MaidSafe)は、各個人からP2P方式で容量・演算能力・帯域幅などが提供される、分散型インターネットプラットフォームとされています。

決済手段にSafecoinという暗号通貨が利用される予定であることから、Bitcoin 2.0ともされます。

関連リンク

最終更新日: 2015年12月12日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)