スマートコントラクトとDAO

スマートコントラクト(smart contract)

スマートコントラクト(smart contract)を直訳すると賢い(=smart)契約(=contract)という意味になります。スマートは「スマートフォン」のスマートと同じですが、ここでは「自動化」と考えるのが分かりやすいです。つまりスマートコントラクトとは契約の自動化(自動実行される契約)といえます。

スマートコントラクトの考え自体はビットコインよりも古く、1990年代にNick Szaboという法学者・暗号学者によって最初に提唱されました。Szaboはスマートコントラクトを最もはじめに導入した例として、自動販売機を挙げています。つまり、「利用者が必要な金額を投入する」、「特定の飲料のボタンを押す」の二つの契約条件が満たされた場合にのみ、自動的に「特定の飲料を利用者に提供する」という契約が実行されることになります。このように、ここでいう契約とは書面上で作成された契約のみをさすのではなく、取引行動全般をさします。

また未来の実装例として、レンタカーの例が挙げられています。レンタカー用の鍵に次のようなプログラムが組み込まれているとします。例えば「1,000円投入するごとに1時間動作する」というプログラムです。これにより、例えば3,000円分を支払ったとき、3時間経過した後は自動的に車の鍵がロックされることになります。仮に未来に自動車の自動走行の技術が確立されているとすれば、一定時間を経過した後は自動的に道路の脇などに停車し、強制的に運転できなくするということになるかもしれません。

その他として、通信販売において商品が到着した際に自動的に代金が支払われる仕組み等も考えられます。

このようなあらゆる契約行動をプログラム化し、自動的に実行しようとするものがスマートコントラクトです。

契約の自動化による利点は、ビットコインと同様に、契約の相手方を信用する必要がなくなること(trust-free、トラストフリー)、コストが大きく低下すること、の二つが主に考えられます。

一つ目の契約の相手方を信頼する必要がなくなるというのは、契約がプログラム化され機械的に実行されるため、詐欺をする余地が極端に少なくなるということを意味します。また、ブロックチェーン技術により過去の契約の実行履歴がすべて記録・公開されているという透明性もあります。

二つ目のコストの低下は、主に第三者機関を必要としないことからきています。従来では契約が確実に履行されるためにエスクロー(商品の注文後、買い手は第三者に料金を渡し、商品が買い手に到着した後、第三者は売り手に料金を渡す)のようなサービスがありましたが、スマートコントラクトでは自動的にエスクロー機能が実現されることになります。その他不正を防ぐために紙の契約文書を作成する必要もなくなりますし、契約に関する訴訟も大幅に減ることが考えられます。

DAO(Decentralized Autonomous Organization)とDAC(Decentralized Autonomous Corporation)

DAOを直訳すると「分散型自動化組織」、つまり組織・会社の分散化、自動・自律化を意味します。DAOは見方を変えればスマートコントラクトの集合、あるいはスマートコントラクトをより長期・永続的に行うものと言えます。

DAOの例を挙げるとEthereumやBitsharesなどが構想に挙げているP2P方式の音楽売買システムです。一つの取引に着目すると、料金を払うと自動的に音楽が配信される、という点でスマートコントラクトが行われているといえますが、これをシステムとして構築するため無数のスマートコントラクトが実行されることになりDAOといえます。

また、世界で最初のDAOはビットコインと言う人もいます。通常の組織・企業が提供する製品・サービスはビットコインによる決済、収入はビットコインの取引手数料、支出は採掘者に支払われるビットコイン、株式はビットコイン自体、社員は採掘者、給料はビットコイン、顧客はビットコインの利用者、その他として有効なブロックチェーンには50%以上の採掘力が必要という投票システム(株主ではなく社員が投票権をもつという仕組み)など、従来の組織が持っている要素にそれぞれ対応しています。

そのほかにDAC(Decentralized Autonomous Corporation/Company)という言葉もあります。Company、つまり組織の中でも特に企業的であるものです。このDACという言葉はBitSharesプロジェクトが主に使用しており、ほとんどDAOと同義に使われることもありますが、DACはDAOとは異なり株主のために配当を支払うという点で区別することもあります。そのような考えのもとでは、株式、つまりビットコインを持っているだけでは配当は支払われないため、ビットコインはDAOではあってもDACではないとされることもあります。

最終更新日: 2016年04月03日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)