Copay(iOS/Android/PC)

ビットコインの決済サービスを提供しているBitPay社が開発してるウォレットで、iOS/Android/PCなど多くのデバイスに対応しているのが特徴です。

スマートフォン版やPC版の間の違いがほとんどなく、ウォレットの復元フレーズを別のデバイスでも使えたり、機種変更などの際にも簡単に対応できるのが良い点です。また、複数デバイスを用いることにより、ウォレットに二段階認証を導入することも可能です。

iOS版のビットコインウォレットの中では、数少ない多機能かつ日本語対応してるウォレットであるのも利点と言えるでしょう。

インストール方法

本ページではiOSの画面を例に説明しますが、Windows、Mac、iOS、Android等各バージョン間で、ほとんどメニュー等見た目の違いがないため、同じ要領で使用することができます。

まずは、iOSの場合はApp Store、Androidの場合はGoogle Play、PCの場合はGithubを参照し、対応するOSのものをダウンロードします。

ダウンロードが完了したらCopayを開きます。すると利用規約が表示されるため、「同意して始めます」を選択して次に進めましょう。

すぐにウォレットが起動します。しかし、Copayではバックアップをとるまでウォレットが使用できないようになっています。

バックアップ

下のメニューの「受取」を選択するとバックアップを促す警告が表示されます。「今すぐバックアップ」を選択してバックアップを進めましょう。

表示される復元フレーズを紙などにメモしましょう。この復元フレーズを他人に見られるとビットコインを盗まれる恐れがあります。また、復元フレーズを失うと何かあったときウォレットを復元できなくなります。厳重に保管しておきましょう。

メモした復元フレーズを確認するための画面になります。タップしてメモが正しいことを確認してください。

バックアップが完了しました。

初期設定

このままでも使用可能ですが、いくつか初期設定を行うことをお勧めします。まずは、起動後画面の右上の設定マークを選択してください。

「セキュリティ設定」欄の「パスワードをリクエスト」をONにしてください。

パスワードを設定することで送金などにパスワードが必要となります。万が一スマートフォンを紛失してしまった時などに勝手に送金される恐れが少なくなります。忘れてしまった場合は復元フレーズからウォレットを復元可能です。

次に「復元フレーズの単語を削除する」を選択し、復元フレーズをウォレット内から削除します。これで二度と復元フレーズが確認できなくなりますが、メモさえ厳重に保管していればセキュリティが高くなります。

続いて左上のメニューボタンを選択し、「設定」を選択します。

ここではビットコインの通貨単位や法定通貨の表示設定などが行えます。デフォルトではbits(=0.000001BTC)になっているため必要であればBTCに変更しましょう。

また、「未承認ビットコインを使用」はオフにしておくことをおすすめします。ビットコインの取引承認には約10分かかりますが、未承認状態だと取引がキャンセルされる恐れがあるため、これをONにしているとトラブルのもととなる可能性があります。

一番最後の「Enable Glidera Service」はアメリカの口座を持っていればウォレット内からビットコインを購入・売却できるサービスです。必要なければオフにしておくと画面表示がすっきりとします。

これでCopayを使用する準備が整いました。

最終更新日: 2016年04月12日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)