Electrum

軽量型多機能クライアントです。ブロックチェーンをすべてダウンロードする必要がないため、インストール後すぐに使用できます。

オフライン環境で取引を行える「コールドストレージ」機能をはじめとしてウォレット機能が豊富なのが特徴です。また日本語対応されているため、日本人にとっての使い勝手も良いです。

インストール方法

Electrumの公式サイトに行き、サイト右上の「Download」をクリックします。

各種OSに対応するクライアントのダウンロードリンクが表示されますので、好きなものをダウンロードしましょう。Windows版の場合、Standalone Executable(スタンドアローン版、非インストール版)、Windows Installer(インストール版)などがあります。

ダウンロードが終わったら、ファイルを実行しましょう。ここでは、Windowsのスタンドアローン版を例に説明します。なお、スタンドアローン版はVisual C++ Runtimeエラーが発生することがありますが、無視しても使用上は問題ありません。また、ファイル名をelectrum.exeに変更すると解消されるようです。

Electrumを最初に起動すると、ウォレットの種類を選択するメニューが表示されます。

ここでは普通のウォレットを作成するため、一番上の「Standard wallet」を選択し、「Next」をクリックして次に進みましょう。

続いて新しくウォレットを作成するか、すでに作成済みのウォレットをインポートするか、等の選択肢が表示されます。ここでは、新しく作成するため一番上の「Create a new seed」を選択しましょう。

次にウォレットのseed(ウォレット種)と呼ばれる12個の英単語が表示されます。seedはウォレットのマスターキーのようなもので、ウォレット内のすべてのアドレスと秘密鍵にアクセスでき、バックアップの役割も果たしています。非常に重要なものなので、紙にメモして他人に見られないように厳重に保管しておくなどしましょう。

次のインストール手順でも必要となるので、必ずこの画面でメモをとっておいてください。終わったら「Next」をクリックしましょう。なお、「Options」を選択すると好きなパスワードでさらにこのseedを暗号化しセキュリティを高めることもできますが、暗号化のパスワードを紛失すると復元できなくなるリスクもあるため、通常は設定しないことを推奨します。

先ほど表示されたseedの入力を求められます。メモが間違えていないか、確認の意味で入力し、「Next」をクリックしましょう。

続いて財布の暗号化を求められます。任意のパスワードを入力し、「Next」をクリックしましょう。

これでインストールは完了です。すぐにでも使用開始できますが、最後に日本語化を完了させておきましょう。

上部メニューの「Tools」から「Preference」を選択し、「Appearance」タブの「Language」欄を「Japanese」にして再起動すると変更が適用されます。

また、同メニュー内に表示されている「Base Unit(基本単位)」はビットコインの表示通貨単位を指定するものです。デフォルトはmBTC(=0.001BTC)なので、わかりづらいと思う方はBTCに変更しておきましょう。

バックアップ

Electrumには、seed(ウォレット種)があるため他にバックアップを行う必要がありません。アドレスを新規作成するたびにバックアップを行わなければならないクライアントと比べて、非常に便利です。PC(またはクラウド、USBメモリ)上にバックアップファイルを残す必要がないという点で、セキュリティ的にも優れているといえますが、物理的な手段などでseedを盗まれた場合、簡単に財布にアクセスできてしまうリスクもあるので、厳重に保管しておきましょう。

インストール時に保存しているとは思いますが、既存の財布のseedは、上部メニューの「ウォレット」→「ウォレット種」から確認できます。

アップデート方法

Electrumがバージョンアップした際にはアップデートする必要があります。アップデートは、元のバージョンを上書きするだけで構いません。インストール版の場合は上書きインストール、スタンドアローン版の場合も上書きしてください。万が一新バージョンへのアップデートにより問題が発生しても、seed(ウォレット種)さえバックアップしておけば、前バージョンをインストールし直して使用することが可能です。

最終更新日: 2016年12月15日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)