Electrumの使い方(基礎編)

このページではElectrumの基本的な使い方を説明します。

ビットコインの受取・送金

ビットコインの受取

ビットコインの受取作業は相手にアドレスを知らせるだけで完了します。受取用のアドレスを確認するには「アドレス」タブをクリックしましょう。アドレスタブが表示されていない場合は、上部メニューの「ウォレット」→「アドレス」を選択するかCtrl+Aキーを押すと表示されます。

Electrumでは(未使用の)アドレスを使用するたびに、自動的に新規アドレスが作成されるようになっています。取引毎にアドレスを変更したい場合、非常に便利です。

受領欄にあるアドレスを相手に教えれば完了です。右クリックでQRコード等も表示できます。

また、「請求」タブを選択すると、アドレスだけではなく請求額やラベル(簡単な説明)の情報を追加したQRコードなどを作成することもできます。

相手からビットコインが送金されると、「履歴」タブに取引情報が表示されます。送金直後で未承認状態の時は「pending」と表示されますが、承認が進むにつれ表示が変わり、承認が完全に終わればチェックマークに変わります。

取引が承認されれば受取作業は完了です。

ビットコインの送金

ビットコインを送金するには「送信」タブを選択します。

「送信先」に送金先アドレス、「金額」に送金額を入力します。「備考」は、後に履歴を確認した際、何の取引をわかりやすくための説明であり、相手には送信されません。

「手数料」欄では送金手数料を設定します。手数料が高いほど取引が早く承認されます。スライドバーを右にずらすと手数料を高く設定でき、一番右では最も早く承認される目安の手数料に設定できます。その他左のほうに行くと「Within ○ blocks」と表示され何ブロック以内に承認される目安なのかが表示されます(1ブロック約10分)。急ぎの送金の場合は一番右に設定すると良いでしょう。手動で数値を入力して手数料を設定したい場合は、メニューの「ツール」→「設定」の「Edit fees manually」にチェックを入れると可能です。

送金を行うと、受取時と同様「履歴」タブに取引情報が表示されます。表示がチェックマークに変わり、取引が認証されれば送金作業は完了です。

ちなみに、送金金額の欄で「!」マーク(Shift+1)を入力すると、ウォレット内の全額を指定することが可能です。

なお、送金の際、Electrumではお釣り用アドレスを使用します。(「ツール」→「設定」で使用しないことも可)

例を説明すると、0.002BTCを保有しているアドレスAから、他人のアドレスBに0.001BTC送るとしましょう。この時、通常ならアドレスAには0.001BTC残るはずですが、実際には同時にアドレスAからお釣り用アドレスCに送金を行っています。

このため最終的な残高は、アドレスA:0BTC、アドレスB:0.001BTC、アドレスC:0.001BTCとなります(取引手数料は0とする)。これは、プライバシー保護(匿名性強化)の観点で非常に大きい効果があります。

この機能は、実際にはElectrum固有のものではなく、多少の違いはあるものの、公式ソフトであるBitcoin Coreを含めほとんどのウォレットで採用されています。Electrumでは、お釣り用アドレスに「未使用」のアドレスを使用する点、実際にアドレスが表示される点などが特徴です。

送金を実行すると履歴欄に表示されます。Electrumでは手数料が低めの場合にデフォルトで後から手数料を変更できるようになっており、履歴には「Replaceable」と表示されます。この機能はRBF(Replace-by-Fee)と呼ばれます。手数料が低い時だけでなく、常に機能を有効にしておきたい場合は、「ツール」→「設定」から「Propose Replace-By-Fee」の欄を「Always」に設定してください。

なかなか取引が完了せず、取引手数料を変更して早く承認させたい場合は、該当の取引を右クリックして「Increase fee」を選択すると、手数料の変更画面が表示されます。

好きな手数料に変更して「OK」をクリックしてください。「Final」にチェックを入れると、これ以上手数料が変更できなくなりますが、チェックを外しておけば何回でも変更することが可能です。

RBFの機能が無効になっている取引の場合、「Replaceable」ではなく「Unconfirmed」と表示され、右クリックのメニューの「Increase fee」が「Child pays for parent」という欄に変わっています。

これを選択すると上のような画面が表示されます。

翻訳すると「CPFP(child pays for parent)トランザクションとは未確認のコインをより高い手数料で自分に送り返す取引のことです。子供の取引(後から実行した取引)に付加されている取引手数料を得るために親の取引(最初に実行した取引)をビットコインの採掘者に承認させることが目的です。CPFPを実行すると新しく自分に送り返す取引が履歴に表示されるようになります。」といったことがかかれています。

CPFPは、もう一つ取引を作成することにより取引手数料を後から追加で支払うイメージのもので、RBFとは違い2取引分の手数料を支払うため、余分に手数料がかかってしまいます。通常は単純に該当の取引を手数料を変更できるRBFを設定しておくのが良いでしょう。

複数の財布の管理

残念ながらElectrumでは、同じ画面上で複数の財布を同時に表示することはできません。複数の財布を使い分ける場合、メニューの「ファイル」→「新規/復元」で新規ウォレット名を入力することによりウォレットを作成し、メニューの「ファイル」→「開く」で他の財布を開くことができます。

ウォレットのインポートと復元

他のウォレットのビットコインをElectrumにインポートしたり、Electrumのウォレットを復元するには以下のとおりに行います。

①秘密鍵のインポート(ペーパーウォレットからのインポート)

すべてのビットコインをElectrumに移す方法で、スウィープ(sweep)と呼ばれます。主にペーパーウォレット等秘密鍵をそのまま保管している場合に、この方法をおすすめします。

手順としては、上部メニューの「ウォレット」→「プライベートキー」→「ビットコイン預け入れ」を選択します。表示された画面に、元のウォレットのプライベートキー(秘密鍵)をすべて入力し、「ビットコイン預け入れ」をクリックすれば完了です(「アドレス」欄は預入先のアドレス指定で、自動的に指定されるので、基本的に触らないでください。)。

ペーパーウォレット以外を使っている場合は、③の方法か単純に元のウォレットの送金機能を使ってElectrumのウォレットへ移しても良いでしょう。

②復元(元のウォレットのアドレスをそのままElectrumで利用)

既に作成済みのElectrumのウォレットを復元したい場合は、この方法で行います。送金のためのパスワードを忘れてしまったり、別のPCで利用する場合などは復元を行ってください。

手順としては、上部メニューの「ファイル」→「新規・復元」を選択し、まず新規ウォレット名を入力します。その後、「Standard wallet」(マルチシグネチャウォレットや2段階認証ウォレットをご利用の場合は、各該当種類のウォレット)と「I already have seed」を選択し、次の画面でバックアップをしておいたウォレット種(seed)を入力すれば完了です。

③パスフレーズのインポート(他ウォレットからのインポート)

他のウォレットのパスフレーズをElectrumにインポートする方法です。②とほとんど同様の手順ですが、Electrumのパスフレーズの標準形式は他のウォレットのものと若干異なるため、②の作業の流れの中で追加の操作を行う必要があります。

すでにElectrum上でウォレットを作成済みの場合は、上部メニューの「ファイル」→「新規・復元」を選択、新規ウォレット名を入力します。(はじめてElectrumを開く場合はここから)その後、「Standard wallet」(マルチシグネチャウォレットの場合は、「Multi-signature wallet」)と「I already have seed」を選択します。次のパスフレーズの入力画面で「Options」を開き「BIP39 seed」にチェックを入れた上、元のウォレットのパスフレーズ(多くの場合、12単語)を入力して次に進み、ウォレットの暗号化パスワードなどを設定すれば完了です。

なお、既にElectrum上でウォレットを作成・使用している場合は、インポートによる他のウォレットとの統合ができないので、特に使い分ける目的がない限り、単純にインポート元のウォレットからElectrum内のウォレットに送金して移すことをおすすめします。

その他の基本操作

「アドレス」タブの各アドレスを右クリックすると上図のようなメニューが表示され、各種基本操作が行えます。

Copy アドレス - アドレスをクリップボードにコピーします。

Request payment - 本ページの前半で説明した「請求」タブに移り、指定したアドレスのQRコードなどを作成することができます。

履歴 - 指定したアドレスのみに関係する取引履歴を表示します。

Public Keys - アドレスの公開鍵を表示します。

プライベートキー - アドレスのプライベートキー(秘密鍵)を表示します。

Sign/verify message - 任意のメッセージに署名してアドレスの所有権を証明することができます(応用編で説明)。

Encrypt/decrypt message - アドレスの公開鍵を使用して任意のメッセージを暗号化したり、プライベートキーを使用して解読することができます。相手に公開鍵を教えれば第三者に読み取られない暗号文を送ってもらうことができます。

ブロックチェーン検索サイトで閲覧 - ブロックチェーンの情報を表示する外部サイトにおけるアドレス情報を表示することができます。

Freeze - 通常はElectrumが自動的にアドレスを選んで送金することになりますが、ここで指定したアドレスからは送金されないようになります。凍結指定済みのアドレスは、すぐに凍結解除することも可能です。

Spend from - 通常は、ソフトが自動的に送金元アドレスを選択しますが、「ここから送金」を選択すると指定したアドレスから送金できます。匿名性を高める用途などに使われるこの機能は、コインコントロール機能とも呼ばれています。メニューの「ウォレット」→「Coins」から表示できるCoinsタブから特定のコインを選ぶことにより、さらに細かい指定で送金することもできます。

最終更新日: 2017年05月25日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)