Electrumの使い方(応用編・コールドストレージほか)

このページではElectrumの一歩進んだ使い方を説明します。

コールドストレージ機能

コールドストレージ機能とは、普段使うオンライン環境のウォレットに秘密鍵を保存せず送金出来ない状態にしておき、送金したいときは秘密鍵を保存するもう一つのオフラインPC上で取引を承認する機能のことです。

本機能を利用するには2台のPC及びUSBメモリが必要となります。仕組みはArmoryの解説ページをご覧ください。当ページでは実際の使い方について説明します。

オフライン環境のPC内にもUSBメモリを通じてウイルスなどが侵入する危険性があるので、マルチシグネチャ機能と併用することでさらにセキュリティを高めることもできます。

※コールドストレージ機能は、例えばウェブウォレットやモバイルウォレット等他のウォレットのアドレスの残高をPC上で確認する場合にも使えます。この場合、PCは2台必要なく、以下で説明するのと同様の手順でオンラインPC上でウォレットを新規作成するだけで確認が可能です。新規ウォレットの作成時には、マスター公開鍵ではなくアドレス(複数指定可)を入力してください。

まずは、USBメモリ等から、オフラインPCにElectrumをインストールしてください。

インストール後、上部メニューの「ウォレット」→「マスター公開鍵」を選択します。

するとマスター公開鍵が表示されます。これはウォレット内のすべてのアドレスと結びついている鍵であり、秘密鍵の情報はこの中に含まれていません。

この鍵をテキストファイルなどに貼り付け、USBメモリに保存します。次に、オンラインPCで作業を行うため、オンラインPC上のElectrumを起動します。

上部メニューの「ファイル」→「新規・復元」を選択し、新規ウォレットの作成を行います。上のような画面が表示されますので、任意のウォレット名を入力してください。

続いてウォレットの種類を選択します。これはElectrumの初回起動時に表示されたものと同じですが、同様に「Standard Wallet」を選択します。(初回起動時に選択することで、最初からコールドストレージ機能を利用することもできます。)

ここでは、「Use public or private keys」を選択しましょう。

マスター公開鍵の入力を求められます。先ほどUSBメモリに保存したものを貼り付けましょう。

これでコールドストレージ機能の使用準備は完了です。ウォレット名の後ろに[読み取り専用]と表示されるはずです。言葉通り、残高が閲覧できるだけで、このままでは一切送金作業を行うことのできないウォレットになりました。

ビットコインの受取(コールドストレージ機能)

閲覧専用のウォレットでも受取は通常のウォレットと同様に行えます。「アドレス」または「請求」タブから任意のアドレスを送金元の相手に知らせてください。

取引が行われると、取引情報が「履歴」タブに表示されます。

ビットコインの送金(コールドストレージ機能)

まずは、オンラインPC上(読み取り専用のウォレット)で通常と同様に取引の作成を行います。「送信」タブを開き、送金先アドレス、送金額等を入力します。そして、「Preview」をクリックし、取引を作成します。すると、上画像のように通常のウォレットの場合とは異なり取引情報が表示されますので、「保存」を選択してUSBメモリに取引ファイル(unsigned.txn)を保存します。なお、ここで黄色で着色されているアドレスは自分のアドレスになります。

次にオフラインPC上のElectrumを起動し、上部メニューの「ツール」→「取引情報を読み込む」→「ファイルから」を選択し、先ほどUSBメモリに保存した取引ファイルを読み込みます。

すると取引情報が表示されます。状態の欄が「未署名」になっていることがわかると思います。「署名」を選択し取引の承認を行ってください。承認を行うと状態が未署名から署名しましたに変わり、取引IDが表示されるようになります。「保存」をクリックして承認済みの取引ファイルをUSBメモリに保存します。

続いて、オンラインPC上で、同様に上部メニューの「ツール」→「取引情報を読み込む」→「ファイルから」を選択し、先ほどUSBメモリに保存した署名済みの取引ファイルを読み込みます。

「発信」をクリックすると、取引情報がネットワークに送信され、送金作業は完了となります。

アドレスの所有権を証明する(メッセージの署名)

任意のメッセージに秘密鍵を使って電子的に署名することにより、そのアドレスの所有権を証明することができます。

所有権を証明したいアドレスを右クリックして表示される「メッセージの署名・確認」を選択するか、上部メニューの「ツール」→「メッセージの署名・確認」を選択すると上のような画面(最初は空欄)が表示されます。

ここに任意のメッセージとアドレスを入力後、「署名」ボタンを選択すると、シグネチャの欄に署名済みのメッセージが表示されます。アドレスの所有権を証明したい相手に、①メッセージ②アドレス③署名済みのメッセージ(シグネチャ)の3つを知らせれば、相手はこの三つを入力して「検証」ボタンを選択することにより、正しい署名であることが確認できます。

ビットコインの取引履歴は全世界に公開されているため、第三者がその情報を見ることで自分がビットコインを送ったとなり済ます可能性が考えられますが、このメッセージの署名機能を使用すれば、そのアドレスの所有権を証明することが可能です。

最終更新日: 2016年12月15日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)