Copay(iOS/Android/PC)の使い方(応用編・マルチシグネチャ)

Copayではマルチシグネチャ機能を使用することができます。マルチシグネチャは複数人や団体などによるウォレットの共同管理などにも使用されますが、個人で二段階認証として使用してセキュリティを高めることもできます。

特にCopayの場合は、iOS、Android、Windows、Macなど複数のデバイスに対応しているため、必ずしも2台のPC等が必要なく導入のハードルが低いのが良い点です。

マルチシグネチャによる二段階認証

ウォレットの作成

対応するデバイスを2つ以上持っていれば作成可能です。ここでは、AndroidとPCの画面を例に説明しますが、iOSとAndroid、iOS2台、PC2台などでも構いません。

PCを利用する場合は、最初にPCで作業を行うことをおすすめします。スマートフォンはQRコードを読み取れるので、ウォレット情報を読み取りやすく後から作成したほうが便利なためです。

まずは、左上メニューの「新規ウォレット作成」から「共有ウォレットに参加」タブを選択します。ウォレット名と自分のハンドルネーム欄に適当な名前を付け、参加人数と必要な署名の数を、ここでは最も基本的なかたちだと思われる2にします。

これにより2 of 2のマルチシグネチャアドレス(1つのアドレスに対し2つの秘密鍵が存在し、送金のためにはそのうち2つの秘密鍵が必要となるアドレス)を作成することができます。必要であればこの数字は自由に変更してください。

ウォレットを作成すると、他のデバイスと共有するための招待コードとQRコードが表示されます。

次にもう一つのデバイス(ここではAndroid)を開きます。起動後、左上メニューの「共有ウォレットに参加」を選択してください。ここの「ウォレット招待」の欄に先ほど表示された招待コードを貼り付けるかQRコードを読み取って入力後、「参加」をタップしてください。

するとマルチシグネチャウォレットが作成されます。画面左上に「2 of 2」と表示されマルチシグネチャであることがわかります。

通常のウォレットと同様に、復元フレーズのバックアップやパスワードの初期設定などを行ってください。なお、マルチシグネチャウォレットの場合、各デバイス間でそれぞれ復元フレーズが異なります。すべての復元フレーズがないとウォレットが復元できないため、失くさないようにすべて厳重に保管してください。

ビットコインの受取

ビットコインの受取は通常のウォレットと同様に行えます。マルチシグネチャウォレットではアドレスが3からはじまることになります。

ビットコインの送金

ビットコインの送金も通常のウォレットと同様の手順で下のメニューの「送金」から行ってください。送金を実行しようとすると、上のように「送金の提案が作成されました」と表示されます。

すると、送金を作成したのとは別のデバイス上の画面上に「送金の提案」という欄が表示されます。この欄の「送金中」となっている取引を選択してください。

取引に関する詳細が表示されます。よろしければ「承諾」を選択すれば送金完了です。

送金が完了すると取引履歴にその旨が表示されるようになります。

最終更新日: 2016年04月12日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)