ハッシュ / Hash

  • 日:ハッシュ
  • 英:hash

ハッシュ(またはハッシュ値)とは、あるデータを変換して得られる固定長のデータのことです。変換する操作、またはデータを得るための関数を「ハッシュ関数」といいます。データの改ざんを検知したり、パスワードの照合、データ検索の高速化などに用いられています。

イメージとして、「ハッシュ」は「暗号化」に非常によく似ていますが、暗号化は暗号したデータを復元(復号)できるのに対し、ハッシュは復元できないという大きな違いがあります。

ビットコインにおいては、アドレス(財布)が公開鍵のハッシュ値であり、ビットコインの取引では、ハッシュと暗号化(公開鍵暗号)を利用するデジタル署名が行われます。

ビットコインではSHA-256というハッシュ関数が利用されています。

最終更新日: 2015年12月12日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)