ビットコインのはじめ方

当ページではビットコインをこれからはじめたいという方向けの実際の導入方法を掲載しています。

ビットコインを入手して試しに使ってみたい方へ

①ウォレット(財布)を作る

まず、ビットコインを保管するためにソフトやアプリをインストールしたりウェブ上にアカウントを作成したりする必要があります。ビットコインは電子データですので様々な媒体で保管することが可能です。

PC上に保管したい場合(デスクトップウォレット)はElectrum、スマートフォン上に保管したい場合(モバイルウォレット)、iOSはbreadwalletまたはCopay、AndroidはMyceliumまたはCopayがおすすめです。

どの方法で保管しても問題はありませんが、実店舗でビットコインを利用したいという方はモバイルウォレットが良いでしょう。いずれの保管方法も資産を失うリスクがあり、それぞれウェブウォレットはハッキングや運営会社倒産等のリスク、モバイルウォレットやデスクトップウォレットはウイルスやハッキングのリスク、すべてのウォレットに共通してパスフレーズの紛失リスク等があります。ウォレットの種類にかかわらず、復元用のパスフレーズや電子ファイルのバックアップを必ずとるとともに無くさないように厳重に保管してください。バックアップをとらなかったり、紛失するとビットコインを失うことにつながります。

失って困るような金額を入金する前にかならず前もってウォレットに関する基礎知識を身に着けてください。大金の保管には、セキュリティのためにオフライン環境でのデスクトップウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットをお勧めしています。ウェブウォレットは特に紛失リスクが高いので、安易に大金を保管しないでください。その他ウォレットに関する詳細は以下のページをご覧ください。

②ビットコインを手に入れる

現在、ビットコインを入手するには取引所・販売所(ビットコインと日本円の交換所)で購入するのが一般的です。国内の交換所はいくつかありますが少額を購入するだけの場合特に大きな違いはありません。とりあえずはじめたいという方は以下の取引所の比較ページから適当なところを選ぶと良いでしょう。

なお、各取引所のサイトなどではビットコインの価格が表示されており、1BTCあたり数万円の範囲内で推移していますが、0.01BTCなどのさらに細かい単位で、数百円分だけ購入ということも可能です。

取引所上でビットコインの購入を済ませたら先ほど作成したウォレットに忘れずに送金しておくようにしましょう。

③ビットコインを使う

現在国内でビットコインを使える店舗は残念ながらあまり多くありません。以下のページで参考までにビットコインを使用可能な通信販売・実店舗の一覧を掲載しています。特に利用したい店が無くとりあえず送金のテストをしたいという方は、知り合いに協力してもらうか、自分のウェブウォレットからデスクトップウォレットに送金してみるといったことをしてもよいでしょう。

事業者としてビットコインを決済手段に導入したい方へ

ビットコインには日本人よりも外国人が多く利用しているということや、クレジットカードなどよりも手数料が低く導入費もほぼ無料といった特徴があります。そこで、商品・サービスの代金の支払手段としてビットコインを受け付けることで、外国人を中心に集客効果が手軽に見込めるものと思われます。まだまだビットコイン決済を採用している事業者は少ないので日本人向けの宣伝効果もあるでしょう。

しかし、価格変動が大きいというデメリットがあるので、事業者側は日本円で売上を受け取れる決済サービスが登場しています。現在多くの国内サービスがありますので以下の一覧を参照してください。

最終更新日: 2017年05月24日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)