ビットコインを始めるうえで最低限理解しておくべき用語集

ビットコインにはネットワーク関係を中心とする専門用語が多くあり、初めての方にはなかなか理解しづらい面があります。そこで、ビットコインの世界でよく遭遇する単語をまとめてみました。

仮想通貨(暗号通貨) / cryptocurrency

ビットコインってなに?と聞かれたときに必ず耳にするワードです。詳しく説明するとキリがありませんが、セキュリティ面で暗号技術が使われているP2P型のデジタル通貨(電子マネー)のことです。

これまでのあらゆる通貨は政府、中央銀行または各企業が発行していましたが、暗号通貨はP2P型であり通貨の発行主体がおらず、発行ルールがプログラムのコード内で規定されているというのが最大の特徴です。

なお、最初の仮想通貨は2009年に取引が開始されたビットコインですが、その後数百~数千を超える仮想通貨が開発されています。

※中には管理主体または発行主体のいる仮想通貨も存在します。これらの仮想通貨では、ビットコインで使用されているような技術が使われているため仮想通貨と呼ばれますが、必ずしもビットコインの特徴と一致しない場合もあるのでご注意ください。

アドレス / address

ビットコインにおける「口座番号」のことです。「16UwLL9Risc3QfPqBUvKofHmBQ7wMtjvM」のような文字列やQRコードで表示されます。いわゆる「財布(ウォレット)」はアドレスの集合のことで、財布内には自由にアドレスを追加していくことができます。相手に送金するときは、このアドレス宛にビットコインを送信することになります。

なお、ビットコインの取引の際には、アドレスとその取引情報が全世界に送信されるため、プライバシー保護の観点から、取引毎にアドレスを変えることが推奨されています。

秘密鍵(プライベートキー) / private key

送金の際に使用するパスワードのようなものです。一つのアドレスには、対応するただ一つの秘密鍵があります(マルチシグネチャアドレスを除く)。秘密鍵を盗まれると勝手に引き出される恐れがありますので、できればローカル環境で厳重に保管しておきましょう。

ブロックチェーン / block chain

ビットコインネットワーク上に保存・公開されているビットコインの全取引履歴(データ)のことをブロックチェーンといいます。取引のまとまりのことはブロックと呼ばれ、ビットコインの取引ごとに、「台帳(ブロックチェーン)に取引情報を追加していく作業」=「ブロックチェーンの末尾にブロック(取引単位)を追加していく作業」が行われています。

「Blockchain」はオンラインウォレット(財布)サイトの「Blockchain.info」のことを指す場合もありますのでご注意ください。

採掘(マイニング) / mining

ビットコインの入手方法としてよく耳にする単語です。ビットコインの取引は第三者(ネットワーク上の不特定多数、採掘者(miner)と呼ばれる)による承認(確認)を受けて、初めて完了するのですが、その承認作業のことを「採掘」と呼んでいます。承認作業とは、つまり取引台帳に取引情報を追記していく作業でもあります。銀行が行っている作業を、代わりにP2Pネットワーク上で行う必要があるため、このような作業を行う必要性が生まれるのです。

この承認作業の実際は、先ほどのブロックチェーンでも説明した、「ブロックチェーンの末尾にブロックを追加していく作業」そのものです。この時に採掘者がブロック追加のための計算問題(解くのに10分程度かかるように調整される)を解く報酬としてビットコインがもらえ、さらに新たなビットコインを発見することもあるので、金などの鉱石の採掘になぞらえて「採掘」と呼ばれています。

ビットコインの取引は、平均して10分程度かかるといわれていますが、この10分の間に承認作業が行われているのです。

なお、現在は数十万~数百万円以上かけて専用の採掘機を構築しないと、利益がでないほど採掘が難しくなっており、個人が採掘で儲けることはほぼ不可能といえます。

取引手数料 / transaction fee

一般的に言われる取引手数料は、送信者と受信者を仲介する第三者が利益を得るための中間マージンで、仲介を含まない二者間の取引では手数料が発生することはありません。

しかし、ビットコインにおいては二者間の取引でも取引手数料が取られることがあります。これは一見、二者だけに見えるだけで、採掘の説明でも述べたように、実際には第三者による承認作業が発生するためです。採掘者はこの取引手数料を報酬として得ているのです。

ビットコインの採掘量には限度があるのですが、すべて掘り尽した後でも、この手数料が貰えるので採掘者(取引承認者)がいなくならない仕組みになっています。

取引手数料の金額は、取引データ量(≠コイン量)から決定されるので、簡単に予測することはできませんが、多くても数十円程度となっています。ただし、ビットコインの取引所・販売所その他の第三者が仲介するサイト等を利用すると、ビットコインの取引自体にかかる取引手数料とは別に、中間マージンとしての取引手数料が取られることもありますのでご注意ください。

BTC, satoshi(通貨単位)

BTCとはビットコインの通貨単位のことです。日本円をJPY、アメリカドルをUSDと略すのと同様です。BTCはXBTと表記されることもあります。

satoshiも同様にビットコインの通貨単位で、1 satoshi = 0.00000001BTCです。1satoshiはビットコインの最小単位で、ビットコインの生みの親である中本哲史氏から名づけられました。よく1BTC以上でないと購入できないと勘違いされますが、ふつう数百円単位でも購入が可能です。

他によく使われる単位に、1 mBTC(ミリビット) = 0.001BTC , 1 μBTC(マイクロビット) = 0.000001BTCなどがあります。ミリはゼロが3つ、マイクロは6つ、satoshiは8つなどと覚えるのがいいでしょう。μBTCはbitsと表記されることもあります。

最終更新日: 2016年03月30日

コメント欄

ゲスト(匿名)としての投稿の場合は、任意のメールアドレス(非公開、123@456.com等ランダムな文字列でも可)の入力も可能です。SNS等を利用してログインした場合には、自分の投稿を編集することができます。

現在、情報提供のコメントや間違いのご指摘コメントに対して独自トークンをお送りする実験企画を実施中です。企画に参加したい場合は、コメントの最後に送付を希望するCounterpartyなどのアドレスを書いてください。(プライバシー保護のため送付後にコメント内のアドレスは削除させていただきます。)